授業・実習

Lectures

授業・実習ピックアップ

  • 医療現場で生じる倫理的な課題を調整する知識と方法を修得
    修士論文コース

    看護倫理

    多くの人が携わっている医療の現場では、患者・家族・医療チームの間で価値の対立が生じることがあります。たとえば、治療法の選択や治療の中止、人生の最終段階をどこでどう過ごすかなどがその例です。本科目では、倫理的な課題や葛藤に直面した時に、大学院を修了した高度看護実践者としてどう対応し克服していくかを学びます。

  • 最善の看護のマネジメント方法を 科学的思考力で探究
    修士論文コース

    看護管理学特論

    保健医療福祉を取り巻く環境や政策の変化に伴い、看護管理者はどのように最善の看護を実践していくべきか的確に把握し、今後の課題に備えなくてはなりません。本科目では看護管理の諸理論をはじめ、人材開発と人的資源の活用方法、組織の経営的視点など、看護管理を巡る課題を多角的に探究していきます。

  • 医師の指導のもと医学的診断、治療計画の立案について学ぶ
    プライマリケア看護コース

    プライマリケア看護学実習Ⅰ

    プライマリケア分野の診療看護師(NP)として活動するための基礎的な実践力を身につける実習です。佐久地域
    の病院の地域支援科や在宅支援科の医師とともに訪問診療に同行し、身体診察を実施したり、初診患者を対象に健康状態の把握や医学的診断プロセスを学びます。さらに、医師の指導のもとに治療計画を考え、患者に対して病状管理に関する生活指導を行い、再発予防、ヘルスプロモーションを実践します。