6人に1人は県外から

長野県は歴史的に教育熱心な土地柄。「幕末には寺子屋の普及率が日本一だった」という記録が残っており、やがて「教育県」と呼ばれるようになりました。
その伝統は佐久大学にも息づいており、他県出身の在学生は17%に上ります。県内外には数多くの看護系専門学校がありますが、佐久大学には4年制大学で学ぶ向学心の強い学生が集まっています。