先生方の励ましが心の支えに

佐久大学卒業後、入学→総合病院に就職

高校時代に看護体験で産科病院を見学。「助産師の仕事っていいな」と考えるようになり、別科助産専攻がある佐久大学に進学しました。
 
入学当初は赤ちゃんの愛らしさに惹かれていましたが、助産学を学ぶほどに「出産は命がけなんだ」と身が引き締まる思いに。
 
実習ではどんどん進行する出産の過程を前にして自分の判断力・予測能力のなさを痛感しました。
悩んでいるとき、先生方がお声をかけてくださることが心の支えでした。
 
卒業後はまず看護師として経験を積み、いずれはお母さん方に頼りにされる助産師になりたいです。